こんなアルバイトがありました!おもしろアルバイト体験記を大募集!

おもしろアルバイト体験記.comでは、おもしろいアルバイトの体験記を紹介しています。
ユーザーのみなさまから寄せられた、体験記を心ゆくまでご堪能ください。

   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40  
阪神ファン!!!
女性/44歳/たまちゃん

長男がコンビニでアルバイトをしてたのですが、一時期お客さんの中に、こんな人が・・・・
その人は阪神ファンらしく、阪神のユニフォームを着て来たらしいんですが、その時、必ず紐を付けたジャビット君を引っ張ってきてたようで・・・・  ジャビット君はぼろぼろだったそうです・・・^^;
このアルバイト体験記のURL

最初で最期?
男性/57歳/marc

高校生の時におじさんの工場の手伝い(アルバイト)をしました。
職種は金型屋さんだったので、金属を加工する様々な機械を操作しました。
当時はバブルがはじける前で、たいそう儲かっていたようで、従業員の方たちも、はぶりが良かったです。
ドリルで穴を空けていた時、手袋禁止だったのを忘れて巻き込まれてしまったことがあります。
大事には至らなかったのですが、へたをすれば指が無くなっていたかもしれません。
今となっては笑い話です。このアルバイト体験記のURL

右から左へ
女性/25歳/フタさん10

私がアルバイトしていたのは、製菓工場です。毎年、ひな祭りの時期になると「あられ」の製造が始まるのですが、100枚に1枚ほどの確率で割れている(商品にならない)ものがありました。そこで、アルバイトがその割れあられを処分するのですが、処分方法は任せれているため、食べても良し、持って帰っても良しで、慣れた年配の女性は熱いお茶を横に置いて、あられを食べていました。このアルバイト体験記のURL

拾うで疲労
男性/23歳/くろすけ

派遣のバイトで、或るコンサートの後片付けの仕事をしました。
よっぽど、撒いたのか、床前面に紙吹雪が散っていました。自分は紙ふぶきを拾う担当となり、「おっしゃ、楽ジャン」と喜んだのですが、拾っても拾っても途方ない。ずっと中腰というのも結構疲れるもので、恐ろしいほど筋肉痛となりました。その痛みに堪えながら、紙ふぶきを拾って筋肉痛なんて……、と惨めな思いが絶えなかったものです。このアルバイト体験記のURL

ケーキ屋での武者修行〜派遣〜
女性/22歳/ダスター職人

先日派遣のアルバイトに入るのですが、洋菓子の箱詰めと伺っていたのですが、4時間ケーキの型の焦げ取り・3時間フィナンシェの型を磨いていました。
普通に洗った方が早いのにひたすらダスターで磨き上げていました。このアルバイト体験記のURL

屋台バイトは大忙し!
女性/23歳/ay

屋台のアルバイトは朝10時ごろから夜11時近くまで
長丁場でしたが とてもやりがいがありましたよ
神社のお祭りでお仕事するなんてとても新鮮でした
このアルバイト体験記のURL

なんでも好きなもん飲み!
男性/28歳/カプセル

学生時代にガソリンスタンドでアルバイトをしていた。
年末は洗車のお客さまで大忙しになるんですが、機械や掃除機の使い方が分からずオロオロしているおばさんがいた。
店員として当然使い方等はお教えした。
洗車が終わり拭きあげる段階だかそこでもオロオロとしている。
いってみるとタオルがなくなっており、すぐに補充のタオルをお渡しした。
だがそのあともなかなか作業が終わらないので見に行くと慣れないことで疲れたのか、休憩しているようだった。
正直、一人一人のお客さまがスピーディーに作業をしてくれないと洗車待ちの車の行列がどんどん長くなっていくため、仕方なく内緒で拭きあげのお手伝いをすることに。(洗車はセルフサービスだったためホントは手伝ってはいけない。)
なんとか作業が終わり帰る間際にクラクションを鳴らしてどうやら呼ばれているようなので近づいていってみると、「寒いなかありがとうな。これでなんでも好きなもん飲んのみ!」とストローをくれた。
殺意が芽生えた。このアルバイト体験記のURL

キビとハブ
男性/36歳/おしみと

20年ほど前の高校2年の頃、私は沖縄に住んでいましたが、友人の紹介で、サトウキビ畑のキビ狩りのバイトをしました。
一日だけでしたが、朝から夕方までで、日当5千円。金欠だった私はすぐに飛びつきました。
当日、オジー、オバーからキビの切り方を学び「あ、これならできる」と余裕を感じたとき、最後にオジーが「あい、そうだ。ハブがでるから、そんときは持っているカマでたっくるせ(やっつけれの意味)なー」
・・・え?なんだと?
その後からは、ものすごい緊張感。自分の背丈以上にあるキビを狩りながら「お願い・・・!ハブいませんように!」と念じながら行っていました。
途中、干からびている小さなハブ(!)を見つけることもありましたが、無事終了。
終わった後、オバーが「お疲れさんねー」と持ってきたコーヒー缶を味わい、達成感とともに「オジーたちはすごいなー」と改めて思った日でした。このアルバイト体験記のURL

   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40